クレジットカードの賢い利用方法

クレジットカードの賢い利用方法

日常生活ではクレジットカードは、非常に便利ですが、賢い使い方をすることでますます使いやすくなります。使い始める前に使うための基礎知識を身につけて、延滞や残高不足にならないようにするのが賢い使い方になります。

クレジットカードと可視化の利用

ショッピングや脱毛やエステなどの利用で、クレジットカードを使いすぎてしまう体験もよくあります。小額の買い物では、それほどのダメージはありませんが、女性の場合には美しくなりたいという欲望もあり、エステなどのために出費が多くなり、気がついてみたら残高不足になっていたという結果になったりします。それらを避けるためには、使う前にルールを決めておくことが必要です。できない事とできる事は何かをよく自覚して利用することです。その場合可視化ということが効果的です。わからないうちに使いすぎたということがあるので、使える金額を可視化しておき、オーバーしないように買うことでブレーキにします。

口座の残高不足を避けるポイント

ショッピングなどでクレジットカードを使いすぎる場合に、たくさんのカードを持ちすぎていることで、色々なカードを使ってしまい、引き落とし口座が複数になり残高不足になることもあります。これは支払える能力があるのに、性格的なことで残高不足になったりする場合です。それでパニックになったりする場合もありますが、まとめてみると簡単に利用できるようになる場合もあります。この場合には立て直すことで解決ができます。もともと返済できる能力があるからで、お金の出し入れを工夫することで残高不足を解消できます。まずはクレジットカードをまとめることがポイントです。

クレジットカードと収入と支出の工夫

お金の問題の解決では、収入と支出の流れをシンプルにわかりやすくすることから始めます。わかりやすくすることで対処しやすくなるからです。クレジットカードでも枚数を絞り、1枚か2枚にしてメインだけ使うようにします。そうすると支出の流れがわかりやすくなりますし、ポイントなども貯まります。そして、使える上限を確認して、その範囲内で利用するようにします。利用限度額を自分で自覚しておけば、その範囲内で好きなように利用することができます。そして、返済の方法も工夫して、金利やリボ払いの方法で、いちばん自分に損をしない方法を選択することで、ますます使いやすくすることもできます。

まとめ

クレジットカードをショッピングなどで利用する場合には、収入から支出の流れをシンプルにして見やすくしておくことで自分の利用限度額を把握することがポイントになります。そうするとその中で自由に使うことができるので、残高不足や延滞などで苦労することもなくなります。

万が一、クレジットカードを使いすぎて支払いに困ってしまったときのために、このままこちらの記事もお読みください。

案件紹介

コラム記事