クレジットカードの支払い遅れへの対処法

クレジットカードの支払い遅れへの対処法

クレジットカードの支払い遅れは信用情報に傷を付ける可能性があるため、出来るだけ避けたいところです。しかしながら、うっかりしていて残高不足に陥るケースは意外にも多いです。その際には適切な対応を取ることが信用情報を守ることに繋がります。

貯蓄と支払いで口座を分けている方は特に注意が必要

クレジットカードは多くの方が銀行預金の引き落としによって支払っています。そのため、想定以上の支払いがあると預金残高が足りないというケースも起こり得ます。特に貯蓄口座と支払い口座を別々にしている方は、支払い口座へとお金を移し忘れると残高不足で引き落とせなくなることがあります。所有しているお金が足りないのではなく、口座への入金忘れが原因となるケースは非常に多いです。入金忘れの場合は、自分が支払えていないことに気づかずに対応が遅れてしまいがちです。また、引き落としの予定額に1円でも足りていなければ、一切引き落とされないので注意が必要があります。

支払われなかった時のカード会社の対応

クレジットカードの引き落としが予定日に行えなかった場合、カード会社ごとに対応が異なります。会社によっては数日後に再引き落とし日を設けているところもあります。いずれの引き落とし日でも引き落とせなかった場合はカード会社から電話がかかってきます。その電話にて振り込み口座と入金日を確認して、その通りに支払うのが一連の流れとなります。しかし、その時点で既にブラックリスト入りしてしまっている可能性があります。そのため、実は電話がかかってくる前に対処しておくことが大切です。対処次第ではブラックリスト入りを免れられることもあります。

とにかく早めに連絡することが大切

クレジットカードの引き落とし日に支払えなかった場合はすぐさまカード会社に連絡をすることをオススメします。出来れば再引き落としより前、遅くても再引き落とし日の時には連絡しておく必要があります。カード会社がこちらに連絡する前に、こちらから連絡することが大切です。先手を打って連絡をすることで誠意を示し、払えなかった理由を伝えます。その後は支払うための口座を聞き、可能なかぎりその日に入金します。もし、支払うお金がない場合も、こちらのクレジットカード払えない対策ガイドを参考に、一日でも早い対応をすることが大切です。この対応を行えばブラックリストに載る可能性を大きく下げることが出来ます。ただ、何度も支払い遅れに陥る場合はどんな対処をしても厳しいケースになるので注意が必要です。

まとめ

クレジットカードは引き落とし日にしっかりと払うことが大切ですが、うっかり忘れてしまうことは誰にでも起こり得ます。大切なのは自分の口座にお金が足りているかをしっかりと把握しておくことです。それでも引き落としにお金が足りなかった場合はすぐにカード会社に連絡し、信用情報を傷つけないように対応したいところです。

案件紹介

コラム記事