クレジットカードの使い方と性格

クレジットカードの使い方と性格

インターネットなどの通販でクレジットカードを使う場合に、利用限度額いっぱいに使ってしまいお金を払えない状態になってしまうことがあります。その原因として、利用する人の性格からくる問題点もあります。自分の買い物などについての性格の把握が必要になります。

クレジットカードの使い方と考え方

クレジットカードは、インターネットを利用する場合に不可欠なアイテムになっていますが、使い方の違いで損もすれば得もします。とくに使う人の考え方からくる使い方が非常に大きな違いになって現れます。お金と同じ役割をしますが、違う部分は、お金がなくても設定された限度額まで信用で使うことができるという便利さです。お金の場合は、使い切るとそれ以上は買物ができません。しかし、クレジットカードは、限度額までは、それができてしまうので、最終的に払えないという状態まで行きついてしまう場合があります。その場合、だいたいは性格が影響します。

クレジットカードの使い方と性格

クレジットカードの利用では、使い方にも正しい使い方と間違った使い方がありますが、性格も非常に影響します。金銭的にルーズな人や大雑把な性格の人の場合には、使い方も大雑把になるので、使いすぎたり計画的に利用できなかったりします。そうなると購入した商品の代金の口座からの引き落としができず、払えないという状態にもなります。
(もし払えない状態になったときのために必ず見ておきたい参考記事:クレジットカード払えない対策ガイド

酷い場合は購入したり使用した覚えがないという状態にまでなります。そうならないためにショッピングなどの時の自分のお金の使い方を分析しておく必要があります。陥りやすい落とし穴を最初に把握しておくという方法です。

クレジットカードの使い方と条件の把握

クレジットカードの使い方では、いちばん良くない状況が、使っている状況を把握できずに、ますます利用してしまうという状況です。そうなると何が何だか分からなくなり、常に支払いに追われてしまう状況になります。いつの間にか自転車操業的になってしまいます。そうならないためにも状況の把握を常にしておく必要がありますし、使い方をシンプルにしておく必要があります。クレジットカードの使う枚数を絞り、支払いの引き落とし口座も一ヶ所にします。そして毎月の収入からどのくらいまで返済できるかを把握しながら、ポイントなどの還元も最大限に利用します。支出をできるだけ少なくし、お金が減りにくい状況にします。

まとめ

日常生活では収入と支出はすべて数字で結果が出ます。ですので収入と支出を具体的に数字として、いつも把握しておくということがいちばんのポイントになります。性格的にお金にルーズな人ほど、習慣として、お金の数字の管理を厳重にする必要があります。

案件紹介

コラム記事